2021年6月10日木曜日

根室市 視覚障害、聴覚障害などを持った方への新型コロナワクチン接種の対応は?

 全国の自治体で、視覚障害など持った方のコロナワクチンの予約に関して、様々な問題が生じていることが報道されていました。
厚労省は今年3月に予防接種に関して情報周知などを点字や拡大文字などで表記するといった障害特性に応じた「合理的配慮」を自治体に求める通知を出しています。
 
そのため根室市ではまず、65歳以上の視覚障害のある方へ、全て電話などで連絡をし、予約の意向を確認したそうです。
また聴覚障害のある方についても状況を確認しながら、手話通訳者の協力を得たり、ファクス等でも予約を受け付たそうです。
当日の接種会場では、家族や手話通訳の方が同行する等のほか、必要な場合は会場スタッフが付き添って対応したこともあったそうです。
そのほか車イスや寝たきりの方などの対応についても、接種会場スタッフの方々が「とてもスムーズに、親切な対応をしてくれた」との声が市民から聞かれます。
根室市新型コロナウイルスワクチン接種対策室によると、今後若い世代への接種が始まるが、障害をもった方への対応について、引き続き課題など検討している、と。
また「予約や接種会場内での対応など、何か不安なことがあれば、市まで問い合わせ下さい」と話していました。


市内の介護の確保のため根室市が新規デイサービス開設の支援補助を緊急的に提案

 根室市内では5月末で介護事業所が撤退したことにより、他施設の介護サービス体制が逼迫しています。
そのため根室市は6月定例月議会で、デイサービス事業の新規開設にむけた補助の上乗せを補正予算で緊急的に提案する予定です。

新規の利用が困難な状況に

今年5月末で撤退したデイサービスに通っていた利用者約60名、居宅介護支援の利用者約80名の方々は概ね市内の他事業所に移転しています。
しかし、そのために他のデイサービス事業所では、定員一杯の状況となり、「利用待機」も生じる状況となっていました。その解消のため、市は緊急的に補助制度を上乗せする形で、新規デイサービス事業所を募集する予定です。
事業内容は「認知症対応型通所介護」で、認知症の診断を受けた方が利用の対象となります。市内では既に2事業所で実施されています。

市内の介護体制はまだ脆弱

ただ認知症対応通所介護は一日の定員が12名以下と比較的小規模な施設です。
今後の高齢化によって介護ニーズがますます高まることが予想されます。
これからも介護事業所をさらに広げることが必要です。
その他、介護人材の課題では、居宅介護支援事業所が撤退したこともありケアマネの体制も逼迫しています。
さらにホームヘルパーの体制についても従来から厳しい上に、特に今はコロナ禍で、利用者が発熱など症状がある場合は、利用が休止となることもあるそうです。
介護分野に従事する看護師など医療系専門職の不足も引き続きの課題です。
介護事業所は地域で住民の方々が安心して暮らし続けるための地域包括ケアの拠点です。
利用者と家族の生活を支えるサービス提供体制を、拡充していくための取り組みは引き続き必要と考えます。
根室市内では5月末で介護事業所が撤退したことにより、他施設の介護サービス体制が逼迫しています。
そのため根室市は6月定例月議会で、デイサービス事業の新規開設にむけた補助の上乗せを補正予算で緊急的に提案する予定です。

新規の利用が困難な状況に

今年5月末で撤退したデイサービスに通っていた利用者約60名、居宅介護支援の利用者約80名の方々は概ね市内の他事業所に移転しています。
しかし、そのために他のデイサービス事業所では、定員一杯の状況となり、「利用待機」も生じる状況となっていました。その解消のため、市は緊急的に補助制度を上乗せする形で、新規デイサービス事業所を募集する予定です。
事業内容は「認知症対応型通所介護」で、認知症の診断を受けた方が利用の対象となります。
市内では既に2事業所で実施されています。

市内の介護体制はまだ脆弱

ただ認知症対応通所介護は一日の定員が12名以下と比較的小規模な施設です。
今後の高齢化によって介護ニーズがますます高まることが予想されます。これからも介護事業所をさらに広げることが必要です。
その他、介護人材の課題では、居宅介護支援事業所が撤退したこともありケアマネの体制も逼迫しています。
さらにホームヘルパーの体制についても従来から厳しい上に、特に今はコロナ禍で、利用者が発熱など症状がある場合は、利用が休止となることもあるそうです。
介護分野に従事する看護師など医療系専門職の不足も引き続きの課題です。
介護事業所は地域で住民の方々が安心して暮らし続けるための地域包括ケアの拠点です。
利用者と家族の生活を支えるサービス提供体制を、拡充していくための取り組みは引き続き必要と考えます。

2021年6月9日水曜日

2021年 根室市議会 6月定例月議会 日程・一般質問の項目

市議会の任期中最後の定例月議会が6月15日~18日に開催されます。
今回は8人が一般質問を行います。

日程

06月15日(火) 10時~ 行政報告・一般質問(4名)
 日本共産党から2番目に、橋本竜一、3番目に鈴木議員が質問を予定
 久保田議員 →橋本竜一 鈴木議員 →野潟議員
06月16日(水) 10時~ 一般質問(4名)・議案説明など
 足立議員 →久保議員 →小沼議員 →五十嵐議員
06月17日(木)
 10時~ 総務常任委員会(鈴木議員)
 10時~ 文教構成常任委員会(橋本竜一)
 13時~ 産業経済常任委員会
06月18日(金) 
 10時~ 予算審査特別委員会(橋本竜一)
 17時00分~ 本会議(採決・意見書案など)

6月15日(火) 2番目 橋本 竜一

1.市財政運営について
(1)新型コロナウイルス感染症に関する諸施策に係る財源対策について
(2)今後の財政運営の課題について
2.教育に関する諸課題について
(1)生活困窮等の諸課題に対応する学校教育と福祉分野の連携について
(2)学校等の施設整備・補修等について
(3)放課後教室等について
3.介護・福祉サービス体制の確保について

6月15日(火) 3番目 鈴木 一彦

1.ワクチン接種に係る諸課題について
(1)これまで明らかになった問題点と今後の対応について
(2)総合文化会館を接種会場としたことによる市民の文化活動への影響について
2.市立根室病院の外来診療・入院等の一部制限に係る諸課題について
2.市立根室病院の外来診療・入院等の一部制限に係る諸課題について

2021年5月19日水曜日

根室市の特定健診 コロナ禍で 受診率が大きく低下か?

2021年5月19日

北海道の緊急事態宣言により、根室市が5月に予定していた「集団がん検診」が中止されました。

ところで新型コロナの影響により、昨年度から特定健診などの受診率が低下が懸念されています。市の担当課は2020年度の特定健診の受診率が11%台に留まるのではないかと予想しています。
コロナ感染を警戒した受診控えによって、逆に市民の生活習慣病や癌などの発見が遅れてしまうことが、とても心配です。


新型コロナウイルス予防接種 ワクチンが予定通り供給なら、 10月までに終了する見込み

2021年5月19日

大型連休から新型コロナの感染が再び拡大し、北海道は5月31日までの期間で緊急事態宣言が発出されました。
根室市内でも連日感染の報告がされ、標津町では高齢者施設のクラスターが発生しました。
感染・発症された皆様、関係者の皆様に心からお見舞いと一刻も早い回復をお祈りいたします。

65歳以上の予約等は約8割に


根室市は5月18日から65歳以上の優先接種が始まりました。
市は接種会場の人員配置を増員するなど様々な対応を進めており、初日は混乱なども無く約300名の方が接種を受けたそうです。接種された方は「ぜんぜん痛くなかった」と笑顔で話していました。
 
市のとりまとめによると、4月から先行接種してきた高齢者施設等の入所者を含め、65歳以上の方の8割以上が6月末までにワクチン接種を終える見通しです。
かな


り高い割合と思います。

根室市は10月までに希望する市民全てに集団接種を終了


それ以外の16歳~64歳以下の方については、6月ごろに接種券を郵送。
実際の接種開始は7月頃から開始と予定されています。
その中でも基礎疾患を有する方、60歳~64歳の方が、優先して接種していく形になります。
5月17日の石垣市長の行政報告によると、
「ワクチンが予定通り供給されると10月には希望する市民全てに集団接種を終了できる」との見込みのようです。
ただし国の指示やワクチン供給量が実際にどうなるのかによって、スケジュールは変更になる可能性があります。


2021年4月21日水曜日

障がい者の家族等(介助者)へタクシー代等が助成されます

根室市ではこれまで身体障害1級・2級の方等に対し、社会参加と地域移行促進を目的に、タクシーチケットやバス券の支給(年1万8000円)を行ってきました。

この制度について他会派の議員さんが市議会で取り上げ、市は今年度から対象を拡大しました。
「日常的に利用者の介助を行っている親族(介助者)が、利用者に変わって買い物をする場合」にも、タクシー代金の一部を助成するという形です。
介助者の経済的な負担を軽減するために、制度が拡充されたことは大変に素晴らしいことと思います。

仕組みは償還払い方式です。
介助者が買い物に利用する場合に利用したタクシー領収書と買い物レシートを添付して市役所に申請することで、タクシー代が後日清算されます。
本制度の詳しい利用方法について、根室市役所社会福祉課までお問合せ下さい。

ただ一方で、この償還払いの仕組みについて「煩雑で分かりにくい」「申請のために都度、市役所に行くのが大変」という声もあります。
制度の主旨や目的として大変有効な施策ですが、今年度から新たに始まったばかりです。
これからも利用状況や実態を分析しながら、必要な人にとって、出来るだけ利用しやすい仕組みとなるようさらに検討していくことが大切と考えます。


2020年度 根室市の出生数は115人に

 昨年度に国は新型コロナウイルス感染症への緊急経済対策として一人10万円の特別定額給付金を支給しました。
ただ、国の基準では4月27日以降に生まれた子は給付の対象とならないため、日本共産党の鈴木一彦市議が市独自に対応するよう議会で求め、市は昨年度末まで独自給付を行いました。
担当課の取りまとめによると、根室市に住民登録した児は4月28日~翌3月31日まで108人に計1,080万円給付したそうです。

ところでこの数字をみて少し驚いたのですが、根室市では昨年度の出生数は115人でした。
2019年度に比べて16人減少しています。
これが新型コロナの影響かどうかは不明ですが、グラフに並べてみると根室の少子化がますます進んでいることが実感されます。
根室市統計書からグラフを作成