2019年3月6日水曜日

2019年度 根室市予算案について

2019年度の根室市予算案が示されました
一般会計は1763,700万円(前年+53,100万円)です。
昨年秋の時点では約8億円の財源不足が見込まれていましたが、ふるさと納税から約198,700万円を活用する等により、財源不足を1,800万円にまで圧縮しています。
ただ来年度は大型の公共工事等がそれほど多くない年だったこともあり、
将来的に塵芥焼却場や総合体育館、ごみ埋め立て処分場、そして市役所本庁舎など
さまざまな大型の公共工事が必要となってきます。
それらを見据えた場合に、今後も苦しい市財政運営は続くものと考えられます。

根室市新年度予算に関係する新たな制度や制度改正の一部をご紹介します。
固定資産税の減免
 特定空家を壊すと固定資産税が高くなるので、税額を減免する制度を創設。
特定空き家の除却費の助成
 特定空家と認定されたら、取り壊し費用の13以内、30万円まで助成。
幼児発達相談事業
 言語聴覚士など専門職による幼児の発達相談を年3回実施する。
風しん予防接種の検査・予防接種
 昭和37年~54年生まれの男性に抗体検査と(陰性の場合)予防接種の費用を助成。
骨髄移植後の予防接種
 骨髄移植で、これまでの予防接種の免疫が無くなった方へ再接種費用を助成。
新生児聴覚スクリーニング検査の助成
 新生児の聴覚検査にかかる費用の9割を助成。
農畜産業活性化推進事業
 農業関係者による根室ブランドや担い手確保などを協議する組織を設立。
エゾシカ利活用推進協議会
 ハンターや精肉技術など有効活用を図る人材育成を行うための組織を設立。
民間業者が「教員専用住宅」を建設
 アパートの建設と運営は民間が行い、市はそのための土地を無償貸与する。
「根室市つながり手帳」の作成
 高齢者の病状等を記入し、医療や介護事業者が情報を共有する手帳を作成。
水道料金の減免の対象世帯を拡大
 減免の範囲を生活保護基準の11倍に拡大(生保基準以上の減免割合は15)
花咲線普及促進活動助成金
 花咲線普及の活動を行う地域の団体に活動助成金を交付1団体に20万円上限)。

2019年 根室市議会3月定例月議会 代表質問・一般質問の項目、提出された意見書

2019年3月定例月議会で提出された
日本共産党根室市議会議員団の代表質問・一般質問の項目と、
今議会に各会派から提出された意見書案は次の通りです

2019年3月12日(火)代表質問 2番目 鈴木 一彦 議員

1.石垣市長の政治姿勢について
(1)憲法問題について
(2)「北方領土」問題について
2.市中経済について
(1)市中経済の現状について
(2)市中経済活性化のための対策について
3.「市民協働の推進」について
4.「再生可能エネルギー」について
(1)「根室市エネルギービジョン」に基づく基本方針と現状について
(2)市独自の条例制定の必要性について
5.教育問題について
(1)「義務教育学校」の設置について
(2)「歴史と自然の資料館」のあり方について

2019年3月13日(水) 一般質問 3番目 橋本 竜一

1.介護・福祉等に関わる課題について
(1)介護保険の地域支援事業の取り組み状況と地域づくりへの課題
(2)介護施設における医療専門職の確保の課題
(3)社会福祉法人以外の団体等による福祉施設整備等への補助について
(4)「子どもの貧困」対策について
2.放課後児童教室等について
(1)現状の課題について
(2)指導員体制の確保等の諸課題について
 ①今後の見通しについて
 ②職員配置基準の参酌化について
 ③指導員の処遇改善等について

意見書案について

提出者 意見書の表題
議長 全国知事会の「米軍基地に関する提言」の趣旨に基づいて、地方自治の根幹を脅かす日米地位協定の見直しを国に求める意見書
議長 消費税増税中止を求める意見書
市政クラブ 地方公務員法及び地方自治法の一部改正における会計制度任用職員の処遇改善と雇用安定に関する意見書
市政クラブ 慎重な憲法論議を求める意見書
市政クラブ 統計不正問題の真相究明と信頼回復を求める意見書
市政クラブ 沖縄県名護市辺野古における米軍進基地の中止を求める意見書
市政クラブ 消費税率10%への増税に反対する意見書
市政クラブ 拙速な日米貿易交渉に反対し、徹底審議と情報公開を求める意見書
市政クラブ 国有林伐採を民間開放する「国有林野管理経営法改正案」に反対する意見書
日本共産党 教職員を増やし長時間労働の是正を求める意見書
日本共産党 国民健康保険における子どもに係る均等割の廃止を求める意見書
日本共産党 障害福祉サービス等の報酬改善を求める意見書

2019年2月25日月曜日

2019年 根室市議会3月定例月議会・日程

2019年根室市議会3月定例月議会の日程は以下のとおりです
2019年3月4日(月)~22日(金) 19日間

03月04日(月)
 10時~ 本会議 施政方針・教育行政方針・補正予算

03月12日(火)
 10時~ 代表質問 4会派
(創新・田塚議員 → 日本共産党・鈴木議員 → 市政クラブ・千葉議員 → 大地・冨川議員)

03月13日(水)
 10時~ 一般質問 6名
(足立議員 → 滑川議員 → 橋本 → 久保議員 → 久保田議員 → 工藤議員)

03月14日(木) 
 10時~ 総務常任委員会・文教厚生常任委員会
 13時~ 産業経済常任委員会

03月15日(金)
 10時~ 予算審査特別委員会
  一般会計(議会費・総務費・消防費)
  各事業・特別会計(港湾・汚水処理・水道・下水道・農業用水)

03月18日(月)
 10時~ 予算審査特別委員会
  一般会計(民生費・衛生費・土木費)
  各事業・特別会計(病院)

03月19日(火)
 10時~ 予算審査特別委員会
  一般会計(労働費・農林水産業費・商工費)
  各事業・特別会計(交通共済・国保・介護保険・後期高齢者)採決

03月20日(水)
 10時~ 予算審査特別委員会
  一般会計(教育費・公債費~予備費・歳入)採決

03月22日(金)
 15時~ 本会議(採決・意見書案など)

2019年2月5日火曜日

長野県松本市 行政視察 子どもの権利条例

2019年2月5日(火)
昨日に引き続き視察として、長野県松本市へ伺いました

テーマは『子どもの権利に関する条例について』です
※報告書はこちらから(pdfファイル)
松本市は医師でもある市長のもと、平成16年からまちづくりの基本政策のひとつとして「子育て支援」を掲げてきました
平成21年度に「子ども部」を創設、平成25年度に制定した子どもの権利条例を基本理念とするこども施策を積極的に推進しています
それは単なる子育て支援ということだけでなく、「子ども支援」すべての子どもに優しいまちづくりの実現を目指しています
また、その理念の実現にためには、歴史的に公民館活動に支えられた地域コミュニティが核となった活動が実践されています(子ども食堂の実施など)
なお平成29年度に公表された野村総研の全国100都市比較で『子育てしながら働ける環境にある』部門で第1位だったそうです

根室市では、これまで過去に幾度も子どもの権利条例の必要性を議会で求めてきましたが、実現には至っておりません
子どもの権利とそれに基づく施策は、単なる人口対策の地域間競争などではなく、一人の人間として、「命の権利であり、成長発達する権利」として、しっかりとその必要性を訴えていきたいと思います


長野県茅野市 行政視察 地域福祉の取り組みについて

2019年2月4日
長野県茅野市で行政視察を行いました
日本共産党根室市議団の鈴木一彦議員、無所属の久保田陽議員と同行しました
テーマは『地域福祉の推進について』です
※視察報告書はこちらから(pdfファイル)

根室市でもようやく『地域福祉計画』の策定に入ろうとしていますので、先進事例として学びに来ました
茅野市はまちづくりを市民が主体的に関わり市民協働の『パートナーシップのまちづくり』により進められています
2000年度にスタートした茅野市の『福祉21ビーナスプラン』は2018年度から第3次計画に入りましたが、その住民自治の取り組みは、まさにこの地域福祉の推進における大きな力となっています
もちろんすぐに出来上がるわけではなく、茅野市の長い歴史の中で培われて来たものと思います
根室市でもそのための行政も住民も『考え方』を大きく転換する必要性を感じました

市役所でのご説明をいただいたあと、西部保健福祉サービスセンターの視察をさせていただきました
保健福祉サービスセンターは地区ごとに茅野市内に4ヶ所設置され、それぞれ機能は異なるそうですが
この西部保健福祉サービスセンターは、市立診療所と社協の福祉事業(デイサービス、ヘルパー、居宅)とコミュニティソーシャルワーカー、そして市の保健師やケースワーカーがひとつの建物として合体しており、
住民にとって「身近で」「何でも」相談できる「ワンストップサービス」の仕組みを、地域ごとに構築しています
茅野市の皆様には大変お世話になり、まことにありがとうございました 


正式の視察後に、駅舎と合体したビル内で実施している『茅野市こども館 123広場』と『CHUKOらんどチノチノ』を見学させていただきました
突然お邪魔させていただいたにもかかわらず、それぞれの職員の皆様に大変丁寧にご説明いただきました
ありがとうございます

こども館123広場は、3才未満児が対象ですが、ゆったりとしたスペースに施設職員さんのボールプール等の大型遊具の他、たくさんの職員さん手作りの遊具等がならび、
授乳、食事、お昼寝スペースもあり、とても温かい雰囲気の場所でした
保育士さんの目が行き届いているのだと思います

また中高生(の世代)を対象にした居場所作りの施設である『CHUKOらんどチノチノ』は、利用者である中高生が施設の立ち上げから始まり、自ら企画立案して運営していく様子でもあり、それを行政側がサポートするという、これも地域福祉計と同じく『パートナーシップのまちづくり』の体現と言える施設だと思います

2019年1月21日月曜日

「(仮称)ふるさと遊びの広場」基本構想(素案)が示されました

2019年1月21日
 このたび根室市は「(仮称)ふるさと遊びの広場基本構想(素案)」のパブリックコメントを開始しました。パブリックコメントの意見募集は2月19日(火)までの期間で、「素案」は市のホームページや市役所2階にある総合政策部の窓口、または歯舞支所などで閲覧が可能です(根室市のホームページのパブリックコメント募集要項)。
 これまでも根室市では様々な計画等についてパブリックコメントを行ってきましたが、残念ながらほとんど市民からの意見は出ていません。
 「中標津の『ゆめの森公園』みたいに大規模でなくても良いから、根室でも子どもを天候に左右されずに広い場所でのびのびと遊ばせたい」…これまで長い間、市民の方々からの要望が大きい施設の建設に関わる問題です。
 様々な角度からしっかりとした検討が必要と思いますので、ぜひ多くの市民の方がこの「素案」をご覧頂きながら、意見等を挙げていただきたいと思います。

いろいろな観点が考えられると思います。例えば…

01 本当に子ども向けの屋内遊戯場を建設すべきか?
 私は市にとって必要な施設であり、建設すべきと考えます。
 問題は施設が必要かどうか、というよりは、そのための財源がどうなっているのかという点です。
 「素案」の見込みでは建設に係る概算事業費は、建設工事費 2億9,200万円など全体で4億5,610万円、運用管理コストは年1,364万円(人件費を含む)となっています。
 根室市ではこれまで全国から寄せて頂いた「ふるさと応援寄付金」を財源に建設の基金を積み立て、そのための準備をしてきました。
 ただし、今後この施設の運営経費を将来にわたってどのように維持していくのか、という問題は、管理運営方法を含めてしっかりとした検討が必要です。なお「素案」では、サービスの無償提供を基本と考えることから直営方式を基本と考える、としています。
 
02 単独施設か、併設施設か?
 これは建設する際の運営経費や設置場所にも関わってくる問題です。「素案」では複合化・機能連携を視野に入れた部分は、既存の公園施設内に建設することで、既存の公園と設備を「屋外遊戯スペース」として併用できるとしています。
 しかし私は個人的には将来的に市が総合体育館を建設するなら、その時に併設(あるいは一体の建物として建設)するのが良いのではないかと考えていました。ちなみに目的の異なる施設をあえて併設・合体することによる相乗効果は「後付けなら」いくらでも考えられるのですが、それはさておき、最大の効果は運営経費の削減です。ただし、目的の異なる施設を合体すれば、当然ながら相互に何らかの制約が生じてきます。また仮に私が考えるように体育館と併設するなら、その設計は一体で行う必要があるため、建設は相当な後年度に先送りになってしまうでしょう。
 
03 設置場所をどうするか?
 「素案」では建設候補地として、運動公園の屋外遊具南側の緑地、明治公園の遊具付き公園の敷地を想定しています。アクセスや公園機能の連携という面では申し分ないと思います。ただし今回の場所を選定する作業は既存施設との関係性で評価判断をしているため、例えば体育館のような新たに建設する他の施設との連携は、敷地の面積上相当に難しくなると思います。

04 運営をどうするか?
 直営にするか、民間の指定管理にするか。
 子ども達の安心安全にかかわる問題であり、またこの施設は教育や子育て支援の場でもあるべきと思います。したがってそこに配置されるスタッフは単なる「施設管理人」では無く、保育や教育の専門的知見を有する人材を配置する必要があると考えます。したがって現時点では私も「素案」のとおり市が直営する方式が望ましいと考えます

05 そもそも、どんな「機能」をもたせるのか?
 この部分は「素案」ではざっくりと記載されています。
 ところで下図の通り、メインとなる「遊び場機能」は、保育園の屋外遊戯場の国基準にしたがって、子ども一人あたり3.3平米を想定しています。約1.8m四方(一坪)ですが、「十分かつ適切な広さ」かどうか。例えば計算式ではきれいに対象人数が分散して来場することになっていますが、繁忙する時間帯と閑散する時間帯でどうなるのか、他の先進地の状況などから、もう少し検証が必要かもしれません。
 この基本構想のあとは、基本設計・実施設計という流れになっています。(基本計画が無い?)
 この場所で子ども達がどんな風に遊びたいのか、どんな風に子ども達を育てたいのか、そのためにはどういう施設運用の仕方が良いのか、どんなスペースや遊具を設置するのか等について、特に子育て世代の市民意見を聞くことや、または市民が相互にディスカッションする場を設置する等しながら、ある程度の方向性を示した上で基本設計を発注することが大切だと思います。これは時間がかかっても必要な過程だと思います。

 私たちとしてもこの問題について、今後ともしっかりと議論しながら、根室の子ども達にとってより良い施設となるよう考えていきたいと思います。
基本構想【概要版】から一部を抜粋

2019年1月13日日曜日

平成31年 根室市成人式

2019年1月13日
根室市成人式が開催され、今年は247人の方々が新たに成人となりました


根室市の人口動態の統計によると(根室市ホームページへのリンク)、
今年成人となった方が生まれた1998年度(平成10年度)の根室市の出生数は321人でした
それが根室新聞の記事では昨年9月時点の住民基本台帳の登録では198人に減少しています
また一方で2016年度(平成28年度)の出生数は170人にまで減っています

式典のなかで新成人代表の方は、あいさつの中で「若い人たちが戻ってきたくなるような根室を築いていきたい」という旨の発言をされておられました
そのお話を聞きながら、本当に多くの方々にそのように思っていただけるよう、我々としてもいつまでも安心して暮らし続けられる地域をめざして、そして日本全体としても将来を担う若い方々が希望をもってくらしていける社会となるように、政治を良くしていけるよう努力していきたい、と私も決意をあらたにしました